六甲山へ登る 有馬温泉→魚屋道→六甲最高峰→紅葉谷→有馬温泉【2020年10月】

最終更新日

 

久々の山歩きです。

いつも歩くルートは、芦屋川→六甲最高峰→有馬温泉 なのですが、通行止め区間があるそうなので、今回は、有馬から登り、有馬に降りてみました。

天気は最高で爽やか!

初めてのルートも楽しかったです。

通行止め区間

六甲最高峰のすぐ下の一見茶屋の道にも通行止めの表示

 

芦屋川→六甲最高峰→有馬温泉 のルートは、多数ある六甲山のルートの中でも、かなりスタンダードなルートです。

コースの変化に富んでいて、登山客も一番多いのではないかと思います。ガイドブックやホームページでも必ず紹介されています。

ところが、芦屋川→六甲最高峰(コースタイムは約3時間)の最後1時間の区間の一部で、今年7月の豪雨の影響で、登山道が崩落し通行止めになっているのです。

調べてみると、芦屋川から六甲最高峰に行くには、雨ケ峠から「西おたふく山経由」で行くか、「土樋割峠(どびわりとうげ)から蛇谷北山経由」で行くかになるとのこと。

ちなみに、YAMAP(ヤマップ)のサイトでは、実際に登山をされた方の報告(タイムや写真など)がたくさん挙げられています。とても参考になりますよ。

今回は1人での山歩き、山用地図やコンパスを持っていないし、天気もよくて登山客が多そうなので、このルートはあきらめました・・

 

車で有馬温泉に行く

3密をさけて、できれば電車にも乗りたくなかったので、車で有馬温泉に行き、そこを起点にします。

駐車場は、有馬温泉の町はずれ(街中からけっこう坂をのぼる)ですが、ロープウェイ乗場とその横の駐車場が安いです。

有馬里駐車場 

1日 平日550円 土日祝日600円

昔はテニスコートだったみたい・・ 広いです

有馬温泉から魚屋道を登り六甲最高峰へ

行きと帰りで同じ道を通るのも面白くないので、

有馬温泉 → 魚屋道 → 六甲最高峰 → 車道 → 極楽茶屋跡 → 紅葉谷 → 有馬温泉

のルートにしました。

山道の入口にも通行止めの表示があります
魚屋道(ととやみち)

魚屋道は、下りでは何度も歩いていますが、登りは初めてです。

下りは60分で行けるのですが、登りは80分かかりました・・

六甲最高峰

標高931mです.ちなみに車でも行けます.
10時台だったので人は少ないです
大阪湾方面
有馬・三田方面
一見茶屋の道向かいに、新しいトイレを建築中.楽しみ!

 

極楽茶屋跡から紅葉谷を下り有馬温泉へ

六甲最高峰から極楽茶屋跡までは、六甲全山縦走路の一部で、本来は小さい山に入っては道路に出て・・ を繰り返すのですが、疲れていたので車道をせっせと歩きます。

快晴なので、車や自転車、バイクが多かったです。さすがにハイカーは少なくて、皆さん山の中を歩いているのですね・・(笑)

極楽茶屋跡.六甲最高峰から車道を下ってきた.約2.5㎞、30分.
車道から山道に入ります.六甲山から有馬に下るルートは主に3つ.
紅葉には早いです.11月上~中旬だそう.
紅葉谷.紅葉しているのはもみじではありません・・
分かりにくいけど、まだ青いもみじ.
無事にロープウェイ有馬温泉駅に到着.写真左側の道を下山してきた.ロープウェイは賑わってました.

 

久々の山歩きは、お天気にも恵まれて、とても気持ちよかったです。

次は紅葉の美しい時期に来たいと思います。

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP