いろいろな福祉用具を見て触って相談できる展示場 

最終更新日

「但馬 すこやかセンター」の画像検索結果

こんにちは

生活を便利にする道具、福祉用具。
多くの種類を見て触る機会は少なくて、選ぶ際はカタログを見て決めることが多いようです。
展示場に行けば、見て触るだけでなく、専門家がいろいろな相談に乗ってくれます。

但馬長寿の郷 福祉用具展示場 すこやかセンター

兵庫県の北部、養父(やぶ)市にある、但馬長寿の郷
宿泊・研修・交流など、地域福祉向上のための総合県立施設です。

その中の1つの場所である「すこやかセンター」は、福祉用具の展示場です。
中には、数多くの福祉用具や住みやすく工夫されたモデルルームがあり、無料で見学できます。

電動ベッドや車いす、シルバーカー、入浴用具や食事用具など、大小さまざまな福祉用具があります。

平日の9時~5時30分は、理学療法士・作業療法士がいますので、
福祉用具を選ぶ際のポイントや住宅改修について、相談に応じてもらえます。

今回、ロッジに泊まった際に、展示場にも立ち寄りました。

電動アシスト機能のついた歩行器、排泄物をラップして手を汚さず捨てられるポータブルトイレなど、新しい福祉用具を体験してきました。
福祉用具はどんどん進化しています。

兵庫県立の福祉用具展示場

兵庫県には、但馬長寿の郷の他にも、福祉用具展示場があります。

福祉のまちづくり研究所 福祉用具展示ホール

福祉用具展示ホール

兵庫県立総合リハビリテーションセンター内(明石市)にある、兵庫県内で1番規模の大きな展示場です。
平日は、理学療法士・作業療法士が相談に応じています。

私も、近くに行った際には立ち寄って、新しい福祉用具などの情報を得るようにしています。

兵庫県立西播磨総合リハビリテーションセンター 福祉用具展示ホール コムプラザ

コムプラザ

たつの市新宮町にあるセンター内にある展示場です。
約700点の福祉用具が展示されています。

 

いずれの展示場でも、どんな種類の福祉用具があるか、入手方法はどうすればよいかなどを教えてもらえますが、販売は行っていませんのでご注意下さい。

福祉用具の紹介や選定に関わる専門職の方は、時々は新しい情報を得る機会として、展示場を活用されるとよいと思います。

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP