「101歳の習慣」を読んで思う 私たちが大切にしたい3つの習慣 ~本

最終更新日

こんにちは

今回は本の紹介です。

著者の高橋氏は、101歳の女性で精神科医です。本書には、長年続けてこられた習慣や、普段から心がけていることが書かれています。

自分の生活に役立つことが得られたり、100歳を超えるとはどういうことなのかなど、いろいろと気づかされました。

101歳の習慣 いつまでも健やかでいたいあなたに、覚えておいてほしいこと

高橋幸枝 氏 (飛鳥新社 2018年)

41の「暮らし」と「心」の習慣が紹介されています。

第1章 「ほんのひと手間」の魔法

第2章 ゆるやかな人間関係は、人生の宝物

第3章 年齢を重ねながらゆっくりと考えたこと

第4章 生きる力をくれる、ささやかなもの

第5章 からだと心の声にゆっくり耳を傾ける

精神科医として、101歳の女性として、読む人に温かく優しくよびかけてくれる本です。

 

私たちが大切にしたい3つの習慣

すぐに取り入れて習慣にしたいことをご紹介します。

● 人間関係を円滑にするこつ 「相手をほめる」「感謝の気持ちを伝える」

当たり前のことと思ってしまいますが、簡単なようで意外とできないもの。

相手をほめるのは、相手をよく観察して、いいところを見つけないといけません。相手に興味をもつことが、人間関係を円滑にする基本ということですね。

感謝の気持ちについて、高橋氏は、

あなたが元気であるならば、「ありがとう」という言葉を、周りに向けて積極的に使っていきませんかと、呼びかけます。

その方が、自分も周りも、幸せな気持ちになれますね。

 

● 日々の装いを気にする

これは、TPOに合わせた服装をするということではなく、自分自身のために「どんな色をまとうか」という観点で日々の装いを気にしよう、ということです。

あなたが、一瞬で明るい気分になれる格好。

あなたが、1日気持ちよく笑顔で過ごせる格好。

そんな格好を毎日続けることこそ、本当の意味で「おしゃれを楽しむ」ということになると、高橋氏はいいます。

確かに、お気に入りの服を着ると、1日気分よく過ごせます。相手に与える印象も大切ですが、自分をごきげんにさせることも大切ですね。

 

● からだの声に耳を傾ける

これはとても大切だと思います。高橋氏は次のように言います。

私たちの心の中には、「何だかからだを動かしたい気分だ」「今日はお肉を食べたい」など欲求が無意識のうちに絶えず湧き起こります。

このような欲求を無意識にかなえるのではなく、「自分の脳はこのように感じているなあ」と意識的に行うことが重要です。

「もう早く横になって眠りたい」とからだが思っているのに、「まだまだ頑張らねば」と眠い目をこすり作業を頑張り続けていては、からだは疲弊してしまう。

自分の欲求を押し殺すことが続くと、不調や病気が引き起こされると肝に銘じておいてください。

精神科医として、長年多くの方に関わってきたこと、自身が健康に過ごしてきたことから、大切な習慣にされているのだなと想像します。

からだと心の関連はとても深いので、すぐに取り入れて習慣にしたいですね。

 

高橋氏から、優しく語りかけられているような本です。

他にもたくさんの習慣がありますので、ぜひお手に取ってみてください。

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP