JR西日本の小冊子「バリアフリーガイド」は駅の情報を一覧で見ることができて便利

最終更新日

こんにちは

JRの駅で「バリアフリーガイド」という冊子を見つけました。

駅ごとのトイレやエレベーター情報が一覧で見ることができて、便利です。

バリアフリーガイド

この冊子は、ホーム上のエレベーター、エスカレーターや多機能トイレの有無、他社線への乗り換えに関する情報をまとめたものです。

JR西日本のサイト、JRおでかけネットでも、各駅ごと情報を見ることができます。

この冊子の良い点は、各駅の情報が一覧で見れることです。ざっと全体を把握したい場合や、どの駅で降りるか決まっていない時には、特に便利だと思います。

 

車いすで乗車する場合

駅での介助の申し込みは、事前に連絡すればよりスムーズに乗車できるそうです。そういえば、駅でスロープを準備して待機する駅員さんを見ることがありますね。

ハンドル型電動車いすについては、乗車できる要件があるので、事前に連絡することが必要です。(リンクはJR東日本のサイトです.イラスト付で分かりやすいです.)

JR西日本お客様センター 0570-00-8989(受付時間8:00~20:00)

新幹線の場合 新幹線各駅に申し込む

 

利用できるハンドル型電動車いすは、次の通りです。

・長さおよび高さ120㎝、幅70㎝程度の車いす

・デッキ付きの車両では、多目的室の利用となるので、直角路走行性能および180度回転性能を満たす車いす

 

山陽新幹線(新大阪~博多)、北陸新幹線(金沢~糸魚川)のバリアフリー施設情報

各駅の情報が一覧できる.
各駅ごとの説明.手洗いの位置(改札内・外)、エレベーター・エスカレーターの位置が分かる.

 

在来線のバリアフリー施設情報

JR西日本管内の各駅の情報が掲載されています。

駅ごとに、多機能トイレの有無、エレベータ・エスカレーターの位置が分かる.

 

主要駅である大阪駅、京都駅、天王寺駅は、ホームの数が多いので、各1ページの情報量です。

京都駅(右ページ)
大阪駅、天王寺駅

 

外出や旅行の計画を立てるのに、便利な冊子です。

たまたま、駅のカタログ立てにあった冊子を持ち帰りましたが、初めて見ました。ご興味のある方は、駅で訊ねてみてください。

施設のバリアフリー化がさらに進んで、誰もが気軽に出かけられるといいですね。

 

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP