離れて暮らす家族を見守る 郵便局のみまもりサービス

こんにちは

親などの家族と離れて暮らしている場合、元気にしているかなど気になるものです。

電話をかける、顔を見に行くなどもありますが、遠方である、頻繁に時間がとれないなど、難しいこともありますね。

普段の生活を見守るサービスには、いろいろなものがあります。

見守りサービス

安否の確認や緊急時の対応、駆け付けるなど、いろいろな種類があります。

主に郵便局やセキュリティ会社などが実施しています。

介護保険制度の適応外ですので、費用は全額自己負担です。月額定額制が多いようです。

 

郵便局のみまもりサービス

みまもりサービスは3種類あります。

みまもり訪問サービス

月額2,500円(税抜)

月1回、郵便局社員などが利用者宅へ訪問し、生活状況などの聞き取りを行い、指定先にメールで報告します。

みまもり電話サービス

固定電話コース:月額980円(税抜) 携帯電話コース:月額1,180円(税抜)

毎日同じ時間に電話がかかり、利用者は「元気です」「いつも通りです」「元気がありません」を回答します。結果は指定先にメールで報告されます。

未応答の場合は、1時間以内に再度お電話します。2回連続で未応答の場合には、不在結果がメールで報告されます。

駆けつけサービス(オプション)

利用者または家族の要請で、警備会社が駆けつけるサービスです。

他の会社もいろいろなサービスを提供

離れて暮らす家族の様子を知りたい、というのはニーズが高まっているのでしょう。

警備会社(セコム、アルソックなど)やガス・電気関連会社(大阪ガス、関西電力、象印マホービン、パナソニックなど)、センサー関連会社などが、多数のサービスを提供しています。

目的に合わせて選ぶと安心です。

 

 

 

 

 

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP