「脳卒中」の症状が多彩な理由

脳のイラスト(人体)

 

こんにちは

今回は病気の話です。

よく耳にする「脳卒中」は一般的な名称で、医学用語では「脳血管障害」と呼ばれます。

脳血管障害にはいくつかのタイプがあり、起こる症状も多彩です。

脳卒中(脳血管障害)の分類

大きく3つに分類されます。

脳梗塞(のうこうそく): 脳の血管が詰まったり、血流が悪くなる

脳出血: 脳の内部で出血する

くも膜下出血: 脳の表面の膜(軟膜、くも膜、硬膜の3層構造)のうち、軟膜とくも膜の間に出血する

 

そのうち、脳梗塞はさらに3つに分けられます。

心原性脳塞栓症(しんげんせいのうそくせんしょう): 心臓の中にできた血栓(血のかたまり)がはがれて、脳まで流れてきて血管が詰まる

アテローム血栓性梗塞: 脳内や首の太い動脈が詰まる

ラクナ梗塞: 細い動脈が詰まる

症状が多彩な理由

脳は部位ごとに働きが分かれています。

例えば、

大脳は、思考や記憶、理性をつかさどっています。

小脳は、身体のバランスをとる平衡機能や、姿勢を保つ機能の調整や、筋肉運動を調整します。

間脳とよばれる脳の中心に近い部分は、自律神経や内分泌機能を調整します。

脳幹脳と脊髄の間に位置し、生命維持に欠かせない呼吸・循環・消化などの働きをつかさどっています。

脳卒中(脳血管障害)を起こして、脳のどこかの血管が詰まったり破れたりすると、脳の部位の違いにより、さまざまな症状が起こるのです。

また、大脳の中でも部位により働きが異なります。

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、体性感覚、運動、言語などをそれぞれ担当する部位が決まっています。

このように、脳の働きは部位により決まっており、どの部分の脳血管がつまる・出血するかによって、あらわれる症状は多彩になるのです。

他の方と同じ症状とは限らない

例えば、同じ「心原性脳塞栓症」になったとしても、詰まる血管が違うと、あらわれる症状は違います。

病名は同じでも、症状の種類や程度が違うわけです。

そこが脳卒中(脳血管障害)の症状の分かりにくさかもしれません。

よく見られる症状については、次の機会にご紹介します。

脳血管の病気の症状は様々なので、他人と比較しづらい

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP