2020年 心に残った健康関連の本ベスト10 <その1 食事・糖質制限>

最終更新日

山積みの本のイラスト

こんにちは

SNSでは2020年を振り返って、「今年の10大ニュース」「買ってよかったものベスト3」などが発信されているのを見て、感化されました(笑)。

今年読んだ本97冊の中で、心に残った健康関連の本を紹介します。

食事・糖質制限

糖尿病予防が気になる今日この頃です。

食事の改善が必要と分かっていても、きちんとできずに悶々としているので、いろいろと読んで自分を叱咤激励しています。 

 

果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?  ロバート・H・ラスティグ 著(2018年 ダイヤモンド社

 

 

 

 

 

 

 

 

現代の人は果糖中毒に陥っており、どのようなことが起こるのかを説明しています。

果糖中毒の解毒剤として、食物繊維や運動の大切さなど、どうすればよいのかも示されています。

512ページと長いので、必要な個所だけ読むのもいいと思います。

 

「お菓子中毒」を抜け出す方法  白澤卓二 著祥伝社 2019年)

これは私のために書かれた本に違いない! と思って手に取った本。最初にお菓子中毒かどうかチェックリストがあり、撃沈・・・

ちなみに、チェックリストはAmazonのHPに載ってます。

小腹が減った時には、何をどう食べたらいいかが具体的に書いてあって、分かりやすくて読みやすいです。ゆるやかに継続できています。

 

 

私が糖質制限でリバウンドも挫折もしない理由  藤田紘一郎 著扶桑社 2019年)

 

 

 

 

 

 

 

 

重度の糖尿病にかかったことのある藤田先生は、糖質制限をして健康を取り戻した経験から、中高年向けにゆるやかな糖質制限を勧められています。

糖質を全てなくすのは難しいけれど、白く精製された炭水化物だけを制限するなら、手軽に取り組めそうですね。

 

 

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事 津川友介 著東洋経済新報社 2018年)

 

 

 

 

 

 

 

 

研究論文を基にして、身体によいと科学的に証明されている食事が紹介されています。

これだけ食べれば大丈夫! のように、考えなくてもいい安易な情報に振り回されるのではなく、何をどう食べるかを自分の頭で考えないといけませんね。

 

最初にも書きましたが、糖尿病予防が気になります。血液検査のデータでいまいちな項目があるのです。

糖尿病の予防には、食事、運動が大切なので、関係の本はよく読んでいます。実践もさらに進めていきたいです。

その2に続きます。

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP