【本】コロナ禍で運動不足の高齢の方へおすすめ 慈恵医大リハビリ科式 家トレ

最終更新日

こんにちは

コロナ禍で、気軽に外出することもはばかられるこの頃。家で過ごす時間が長くなり、運動不足の方も多いかもしれません。

高齢の方は筋力の衰えも早いので、運動不足が続いた結果、歩きにくくなる、転びやすくなるといったことも起こるかもしれません。

本書は、家でできるトレーニング「家トレ」を分かりやすく教えてくれます。

慈恵医大リハビリ科式 家トレ

安保雅博氏  中山恭秀氏 監修  扶桑社 2021年

扶桑社ホームページより引用

コロナ禍で巣ごもり生活が長引き、運動不足の人が多くいます。また、スポーツジムや外での運動が難しい状況にもあります。しかし、筋肉は動かす機会が減るとどんどん衰えていきます。筋力がなくなり、体は硬くなって、骨がもろくなると、心肺機能が低下し、生活習慣病の発症リスクが上がったり、生活習慣病がより重症化しやすくなります。さらには、認知機能も低下してしまいます。

すると、自力で動けなくなり、フレイル(生活するうえで不自由はないものの、心身が弱って介護が必要になる可能性が高い)状態となってしまうのです。

そこで本ムックでは、自力で動ける、一生歩ける体を維持するために必要な「脚力」「バランス力」「背筋力」「柔軟力」「握力」の5つの力を強化するため、慈恵医大リハビリテーション科考案のスポーツジムに行かなくてもお家でできるトレーニングを「家トレ」として紹介します。

今回はAB版サイズで、イラストを使ったオールカラーにして、大きな絵と字でわかりやすくやり方を図解します。

 

安保雅博先生は、東京慈恵会医科大学付属病院副院長、リハビリテーション科診療部長でいらっしゃいます。中山恭秀先生は、おなじく東京慈恵会医科大学病院のリハビリテーション科技師長で、理学療法士でをされています。

医師と理学療法士による、家トレの本です。

 

目次・内容

目次

健康寿命を延ばすために・・ 転ばぬ先の「家トレ」

慈恵医大リハビリ科が考案! 健康寿命を延ばす「家トレ」

家トレに加えて行いたい「食トレ」

 

内容

新型コロナウイルス感染症が、世界に広まってから約2年。私たちの生活もずいぶん変わりました。

いいこともありますが、よくないこともたくさんあります。気軽に多くの人と会うことができないことはその1つです。

高齢者の中には、外出する機会が減ったことで、足の筋力が衰えたり、認知機能が低下したり・・といったことも起こっています。

 

本書では、家でできるトレーニング「家トレ」が分かりやすく紹介されています。

「家トレ」で鍛えられる4つの力として、「脚力」「バランス力」「背筋力」「柔軟力」の運動が、それぞれ4~5種類、説明されています。

生活に取り入れることで、必要な4つの力をまんべんなく鍛えることができます。

また、食事のことも説明されているので、合わせて取り組むとさらに効果的だと思いました。

 

オールカラーで文字も大きいので、とても見やすいです。

いつまでも元気に過ごしたい高齢の方にお勧めの本です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

慈恵医大リハビリ科式 家トレ (扶桑社ムック) [ 安保雅博 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2022/1/23時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家でも外でも転ばない体を2ヵ月でつくる! [ 安保雅博 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2022/1/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

何歳からでも 丸まった背中が2ヵ月で伸びる! [ 安保雅博 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2022/1/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

寝たきり老後がイヤなら 毎日とにかく歩きなさい! [ 安保雅博 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/1/23時点)

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP