【不整脈の入院治療】入院治療費を大公開! 1泊2日でなんと(  )万円

最終更新日

こんにちは

不整脈の入院治療を無事に終えて、気になるのは入院治療費です。

退院した土曜日は、会計部門はお休みだったので、後日請求書が届きました。

入院治療費と内訳をご紹介します。

入院治療費

請求書を恐る恐る開封すると・・・

436,970 円  と大きな文字で書かれています。

おーーー

治療費が高いだろうとは思っていましたが、かなりの大金です・・

これは、健康保険で3割の自己負担額です。

総額では、なんと

1,453,490 円 !!

おーーー

ゆうに100万円を超えています。

いやーー びっくりしました・・

 

高額療養費制度に助けられる

436,970円 を支払わなければならないのですが、そんな大金を準備するのは大変です。

日本の医療保険制度には、高額療養費制度 という仕組みがあります。

これは、医療費の自己負担額が多くなる場合に、一定金額以上が給付される制度です。

あーー なんて素晴らしい制度でしょう! 日本の医療保険制度に深く感謝しました。

この制度を利用した結果、実際の支払金額は9万円あまりでした。

詳しくは、別の記事でご紹介します。

 

診療報酬

ご存知の方が多いと思いますが、日本の医療保険制度では、治療や手術、薬剤などの金額が細かく決められています

同じ治療を受ける場合、どこの病院で受けても、同じ金額になるのです。

先生の経験年数などは関係ないのです。評判のよい先生のところに患者さんが多くなるのも分かりますね。

この金額(診療報酬といいます)は、国が2年ごとに見直しをしています。

医師の治療だけでなく、リハビリテーション料なども細かく決められています。

 

治療費の内訳

私の入院治療費について、内訳の一部をご紹介します。(1点は10円です)

入院・検査

DPC包括評価点数(2日間包括算定)  10,059点

手術

経皮的カテーテル心筋焼灼術  34,370点

手術に使う道具

体外ペースメーカー用電極(検査機能付加・冠状静脈洞型) 7,340点 × 3個

心腔内超音波プローブ(磁気センサー付き) 32,700点

経皮的カテーテル心筋焼灼術用カテーテル  39,500点

 

カテーテルのイメージ

 

金額にすると、入院・検査に10万、手術に34万、手術に使う道具に100万 といった感じです。

 

私の場合、治療は2時間30分程度かかりました。予定では4時間程度と言われていたので、ずっと早く終わりました。

治療の間、医師や看護師をはじめとして、診療放射線技師など8~9名のスタッフの方が、私の治療に時間を使って下さったわけですから、本当に感謝しています。

 

治療費の例

治療費のことは、入院前にも調べていました。

日数や治療内容によって異なるとは思いますが、いずれにしても、医療費の総額は100万円以上 になりそうだと分かりました。

 

よくわかる! 心房細動ナビ

カテーテルアブレーション治療では短期間の入院や様々な検査が必要となることから、一般的には自己負担額が100万円以上かかってしまいます。

不整脈ドットコム

一般的なカテーテルアブレーションの治療費は、事前の心機能チェック、事後の出血や感染など合併症予防処置、治療効果の確認などの諸費用を含め、およそ150~250万円程度とかなり高額です。

公益財団法人 日本心臓財団

入院期間、治療費に関しては、施設によって多少の差があると思います。一般的にはアブレーション治療前後の検査や経過観察を含めて約1週間の入院で、すべての治療費を含めて200万円弱だと思います。これは標準的にカテーテルを5本前後用いて治療し、事前の心機能チェック、事後の出血や感染など合併症予防処置、治療効果の確認を含めた総費用です。

(2022年1月30日時点の情報)

 

高額療養費制度があって、本当によかったと思います。

制度を利用すれば、年齢や所得、医療費の金額によって異なりますが、実際の自己負担額がかなり軽減されるのです。約4~28万円といったところでしょうか。

 

次回は高額療養費制度について書きたいと思います。

 




じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP