ウクレレの演奏スタイルは2種類 ~弾き語りとウクレレソロ~

イルカとウクレレのイラスト(音楽隊)

 

こんにちは

ウクレレを演奏する上で、分からなかった言葉のひとつが「ウクレレソロ」という言葉。

ウクレレって1人で弾くから、ソロに決まってるのでは? と思いましたが、違う意味でした。

ウクレレという楽器

もともとウクレレは、ハワイアンソングの伴奏楽器として、楽器としての地位を確立したそうです。

そのため、歌を歌いながらコードを弾くというのが、最もオーソドックスな演奏スタイルです。

 

「弾き語り」と「ウクレレソロ」

歌を歌いながら弾く時は、ウクレレは伴奏の役割をします。いわゆる「弾き語り」です。なので、歌わずにウクレレだけ弾くと、何の曲か分かりません。

一方、もう1つの演奏スタイルの「ウクレレソロ」は、メロディーもコードも混じった感じで弾きます。なので、歌わなくても何の曲か分かります。

ウクレレソロは、メロディー部分を弾いたり、伴奏部分を弾いたりするので、おのずと難易度は高くなります。

右手で、弦4本を1度にジャラ~ンと鳴らしたり(伴奏)、弦を1本ずつ弾いたり(メロディー)するので、指の動きは忙しくなります。

 

ウクレレソロを弾けるようになりたい

私としては、いずれはウクレレソロを弾けるようになりたいです。やっぱりカッコいいので、憧れます。

もちろん、弾き語りで歌うのも楽しいです。

といっても、伴奏のコードを覚えるのに必死な初心者ですから、ぼちぼちと練習してきましょう。

 

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP