シルバーカーのタイヤをチェックしてみよう 回転角度を変えると使いやすさが変わる

シルバーカーのイラスト

 

こんにちは

シルバーカーの話です。

シルバーカーにはいろいろな種類がありますが、使いにくいなと思う場合、タイヤをチェックしてみると、使いやすく調整できることがあります。

シルバーカーが使いにくい

知り合いにシルバーカーを頂いたという女性と話していると、シルバーカーが重くて使いにくいとのこと。

荷物を入れるシックなチェック柄のバッグがついていて、幅は大きすぎずおしゃれなシルバーカーです。

女性の雰囲気にもよく合っています。

でも使いにくければ、気軽に外出することもできません。

 

シルバーカーのタイヤを見てみる

シルバーカーの動かしやすさは、前輪タイヤの回転角度によって、大きく異なります。

昔のシルバーカーは、前輪が固定されているものが多く、道の曲がり角などで方向を変える時は、えいやっと少し引きずったり、持ち上げたりして動かしていました。

シルバーカーは、前輪タイヤの角度を2階・3段階に切り替えることができるものが多くなりました。

 

前輪タイヤの回転角度

回転角度のパターンは、メーカーによって異なりますが、例えばこんな感じです。

2段階 固定(0度回転)・ 左右60度回転

3段階: 固定(0度回転)・ 左右60度回転 ・ 360度回転

調整は手でレバーなどを操作するだけです。10秒でできます(笑)

 

前輪タイヤが回転するメリット・デメリット

メリット: 方向転換が簡単にできる → 狭い場所では小回りがきいて使いやすい

デメリット タイヤの向きが一定方向に保ちにくく直進性が悪い → 不整地(砂利道など)や歩道などわずかに傾斜した道では、容易に向きが変わってしまう

 

小回りの方が断然いいのでは? と思うところですが、そう簡単ではありません。

その方の歩行能力と使う場所を踏まえて調整します。

歩行能力が高い ・ 屋内 = 回転

歩行能力が高い ・ 屋外(不整地が多い) = 固定 または 回転

歩行能力が低い ・ 屋内 = 固定 または 回転

歩行能力が低い ・ 屋外 = 固定

といった感じです。

 

使いにくかったシルバーカーが使いやすくなった

先程の女性、シルバーカーの前輪タイヤは固定になっていました。

小柄で華奢な女性には、方向転換の時に、シルバーカーが重く感じたわけです。

すぐにタイヤを回転に切り替えました。

そうして押して頂いたところ、「楽になりました!」とのこと。より便利に使って頂けそうでうれしいです。

 

 

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP