圧力なべが大活躍! 大豆・小豆・じゃがいもは蒸すとおいしい

最終更新日

こんにちは

最近、豆類を意識して食べるようにしています。

調理は「ゆでる」のではなく「蒸す」のが圧倒的においしいです。

蒸す時はもっぱら圧力なべを活用しています。食材の風味がしっかり残って、とてもおいしいです。

最近購入した「ホットクック」でも蒸しますが、味はそれほど変わらないように思います(自分比)。

豆類の調理は何となく面倒・・

今まで、豆の調理といえば、一晩水につけて戻して、長時間ゆでで、それから料理するということで、とても面倒でした。

でも、圧力なべがあれば、調理時間がかなり短縮できますし、ゆでるのではなく蒸すことで、おいしさも格段に違います。

最近では、豆類を食べることが多くなり、北海道のおいしい豆を取り寄せるほどです。

森田農場さんの豆を頂いています。

大豆を蒸す

圧力なべがあれば、簡単です。

1 乾燥大豆200gを水につけて、一晩おく。

2 豆をざるにあげて、圧力なべに水200ccくらいを入れる。豆が水につかないように上げ底にするための食器を置き、ざるに入れた豆をセットする。

3 火をつけ圧力なべのピンがあがったら、高圧で約8分加熱する。

4 火を止め、ピンが下がるまで冷ます。

5 すぐに使わない分は、保冷バッグに入れて冷凍保存する。

蒸し大豆は、少し固めにしているので、五目豆などの料理に使ったり、玄米と一緒に炊いて大豆入りご飯にしたりしています。

じゃがいもを蒸す

じゃがいもを蒸す場合も、適当な大きさに切って、ざるに入れて加熱します。蒸すと水っぽさが全くなく、ほくほくに仕上がります。

ポテトサラダはとても美味しくできます。

 

圧力なべをお持ちの方、おすすめですよ!

 

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP