<40代からの歯列矯正>歯列矯正中に買ってよかった物は、何と言っても「ハンドブレンダー」(BRAUN)

最終更新日

こんにちは

歯列矯正を始めて約2年、歯列もおおむね整い、間もなく矯正装置を外す予定です。

2年を振り返ると、矯正装置をつけて最初の6か月が1番キツかったです。何と言っても、痛くて食べづらい。特に野菜を食べるのが一苦労でした。

そんな時、困り果てて買った「ハンドブレンダー」は、大活躍してくれました。

これから歯列矯正を始める方には、一押しのおすすめグッズです。

痛くて噛めない! 野菜の恐怖

歯列矯正を始めた当初は、当然ですが、歯列はガタガタです。

そこに矯正装置を付けて、針金に力をかけて、少しずつ歯を動かしていくのです。装置を付けた感覚は、歯全体をすごい力で押さえられている感じ。

調整後の約1週間は、かなりの痛さでした。

食べ物を噛むと痛い。虫歯とは違って全部の歯が痛い。痛くない歯で噛むというわけにはいかず、豆腐や卵など、とにかくやわらかい噛まなくてもいいものばかり食べてました。噛みたくないので、少し噛んで、すぐ飲み込んでいたら、喉につめそうになったり、お腹が痛くなったことも・・

困るのが野菜。1口かむごとに口の中に激痛が走り、思い出すだけでツラいです・・

スープなら野菜がとれると、ブレンダーを買いに走りました。

 

マルチクイック 7  ハンドブレンダー MQ735

購入したのは、BRAUN の マルチクイック 7  ハンドブレンダー MQ735 です。

本体は、握る力を変えるだけでスピード調整ができて便利です。

野菜を摂るために、鍋で野菜をコンソメで煮て、ハンドブレンダーでつぶし、牛乳を入れたスープを度々作りました。

そのおかげで、野菜を噛まなくても食べることができました! 本当にこれがなかったらどうなっていたか・・

左から、本体、ステンレス製ブレード、ステンレス製泡だて器.
ステンレス製ブレード.「つぶす」「混ぜる」ができます.ベル型で容器を傷つけないので、鍋の中に入れて、すぐ混ぜることができます.

 

チョッパーは、玉ねぎのみじん切りなど、たくさん作るときに活躍しています。

容器の上部に本体をカチッと取り付けるだけなので、簡単です。

チョッパー.みじん切りが簡単にできます.
チョッパーの上部に本体を取り付けるだけ.簡単です.

 

泡だて器は、お菓子作りにまれに使うくらいですが、便利です。

BRAUN には、他にもハンドブレンダーがあります。アタッチメントの種類と数によって、価格が違います。

私は野菜を食べる目的だけで買いましたが、コンパクトで片付けやすいし、野菜が食べられるようになった今も、料理で使っています。

 

言い過ぎかもしれませんが、歯列矯正を始めたばかりの方に「必須のグッズ」だと思います。

心からオススメです。

 

 

 

 

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP