<リハビリの風景> 終の棲家

こんにちは

住みなれた家で最期まで暮らす・・

多くの方が望んでいることかもしれませんが、いろいろな事情で、住まい方を変えることもあります。

 

その女性は、通所リハビリに来られた時に、声をひそめて言われた。

「ここに来るのは、今日で最後なんです」

子どもさんと2人暮らしの女性は、ご自分の身の回りのことは何とかできます。家の中は何とか歩くことができるものの、外出の時には車いすと介助者が必要です。家事や対外的なことは全て、子どもさんがしています。

近々、子どもさんが結婚され、遠く離れた町で暮らすことになったのです。喜ばしいことでありながら、ご自分の住まい方を考えなくてはいけないことになりました。

介護保険制度を利用して、何とか1人暮らしができないか、子どもさんやケアマネジャーさんと相談したそうです。いろいろと相談した結果、施設へ入所する選択をされました。

施設に入所するため、今後は通所リハビリを利用できません。今まで培ってきた人との関係が疎遠になってしまいます。

この日は、少し淋しそうな表情をしながら、知り合いの方々に、最後の挨拶をされていたご様子でした。

淋しそうに、それでも笑顔を見せる女性。

私も「元気でいてくださいね」と努めて明るく声をかけ、女性も「そちらもお元気でね。またね」と笑顔で答えて下さいました。

 

誰かが悪いわけでもなく、住まい方の選択を迫られる時・・、誰にでもいつか訪れることなのかもしれません。

心構えなんて簡単にはできないことだと思いますが、いろいろと考えさせられました。

お元気で・・ ありがとうございました

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP