ケアマネジャーになる 見学実習3日目

最終更新日

集合している人たちのイラスト(犬あり)

 

こんにちは

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格をとるため、1~7月まで実務研修を受講しています。 先日、見学実習3日間の最終日に行ってきました。

今回学んだこと 生活をトータルに支援する

ケアマネジャーは利用者の生活をトータルに支援する職種です。

例えば、新しい生活を始めた利用者の場合、生活をうまく送れるようにきめ細やかな支援を行うのです。

数日前に、介護老人保健施設から、サービス付き高齢者住宅に入居された男性。
もともと1人暮らしで、頼れるご家族がおられません。
脳梗塞のため身体の半身は麻痺で動かしづらく、車いす生活です。

訪問し、生活の状況を確認し、次のようなことを行います。

●本人の困りごとの確認
●住所変更届の提出
役所へケアマネが代理で提出。
●介護保険サービスの決定
本人の思いをくみとり、通所リハビリを利用する方向で調整する。
●生活必需品の購入手配
訪問介護の担当者に引き継ぎ

今回学んだこと 生活能力の退化を防ぐ

男性は、数年にわたり介護老人保健施設に入所されていました。
自分の部屋があり、食事付き、介護付き、預金引出や買物は職員が代理でしてくれます。

サービス付き高齢者住宅は、基本的にはワンルームマンションのようなもの。
支援者が常に傍にいるわけではありません。

生活にまつわる諸々は、自身で判断、決定することが必要です。
例えば、預金引出も、自分でATM操作をします。
最初は操作が分からず、戸惑われたそうです。

長年施設に入所している場合、経験する機会が少ないので、生活能力が落ちてしまうのです。
リハビリ職として、施設に入所している方にどのような支援を行うのか、深く考えさせられました。

 

ケアマネジャーの仕事をしっかり学ぶことができました。
人を支援する仕事、やりがいと同時に、大きな責任があります。

リハビリ職も人を支援する仕事、これからも頑張ります。

ケアマネジャーになる 見学実習1日目

ケアマネジャーになる 見学実習2日目

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP