ケアマネジャーになる 後期研修2,3日目

最終更新日

ケアマネジャーのイラスト(男性)
こんにちは

ケアマネジャーになるための実務研修は、15日(前期8日、後期7日)+見学実習3日 の計18日間。
先日、後期研修を受けました。

今回は、実習の振り返りと演習(看取り、認知症)です。

実習の振り返り

実習には、見学実習3日間とケアプラン作成実習の2つがあります。

見学実習は、居宅介護支援事業所で主任ケアマネジャーに同行して、ケアマネジャーの業務を学びます。
ケアプラン作成実習は、利用者に実習への協力を依頼、承諾いただいた上で、
アセスメント(聞き取り)、ケアプラン作成を行うものです。

振り返りでは、グループで作成したケアプランを発表し、ディスカッションを行います。
研修受講者それぞれが学んだことをシェアします。
ケアマネジャーの業務として難しく感じる点は、面接技術、課題の整理、自立支援を踏まえたケアプラン作成といったところ。
今後もスキルアップしていく努力が必要です。

ケアマネジメントの展開(演習編)

テキストに掲載された模擬事例を通して、自分たちならどのように考えるか、ディスカッションします。

看取りの事例では、医療との連携が不可欠で、特に死期が近づくと適時適切な対応が求められます。
関係職種と連携するフットワークの軽さ、柔軟さが特に求められると感じました。

研修は残すところあと4日。
あと少し、頑張ります。

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP