<40代からの歯列矯正> 歯ぎしり予防のナイトガードを歯科でチェックしてもらう 歯列矯正before・afterの写真あり

歯列矯正の装置を外した後につける、保定装置(マウスピース)のすり減りで気づいた「歯ぎしり」。

新しいマウスピース(ナイトガードともいう)を作って2週間が過ぎ、歯科でチェックしてもらいました。

睡眠時専用マウスピース「ナイトガード」

夜間の歯ぎしり・食いしばりから歯やあごを守るためのナイトガード。

私の場合は、歯列矯正で整えた歯列が戻ろうとするのを防ぐ目的もあって、毎晩ナイトガードをつけて寝ています。

 

ナイトガード完成 2週間後のチェック

歯科技工士の先生にチェックしてもらいます。

咬合紙という紙を「カチカチ噛んでください」と言われ、奥歯、前歯など何か所か噛み合わせをチェック → ナイトガードの調整(削る)を何度か繰り返します。

調べてみると、咬合紙の噛んだところにカーボンのインクがつくことで、当たっているところといないところが分かるのだそう。

その後、歯科医にもチェックしてもらいます。

調整できたので、これからずっと使い続けることになります。

今後、歯ぎしりでナイトガードが削れたりするのか尋ねたところ、徐々に削れるけど調整しながら使うとのこと。経年変化などで割れたり欠けたりした場合は、作り直すこともある、とのことでした。

咬合紙

歯ぎしりは減ったのか

歯科技工士の先生には、ナイトガードを見て「ギシギシが始まってますね」と言われました。

自分では分かりません・・

これまでも、まれに家族から歯ぎしりを指摘されるくらいでした。もちろん自分では気づきません。

自分との歯の付き合いは一生続きます。歯を大切にしたいと思います。

 

最後に、歯列矯正の before・after の写真をご紹介します。

見苦しくてすみません・・

いや、この歯並びは凄すぎでしょー と写真を見るたびに思います。

永久歯が生えそろってから40代まで、これでやってきたんですよね・・

大人の方でも歯列矯正はできることが多いので、私は断然おすすめ派です。

 

歯列矯正before.何度見てもすごい歯列です.2度と戻りたくない・・・
歯列矯正after(2年3か月後).頑張って保ちますよー

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP