【FreeStyleリブレ】結果を医師に見てもらった

最終更新日




FreeStyleリブレ で2週間の血糖値(正確には間質液中のグルコース濃度)の測定が終わりました。

気になるのは結果です。

FreeStyleリブレの結果と、最近の血液検査の結果を、医師に見てもらいました。

FreeStyleリブレ 2回の結果

2021年2~3月、6月の2回、FreeStyleリブレを使いました。

1回目は、推定HbA1c 5.1%

2回目は、推定HbA1c 4.3% となりました。

ネットでの情報によると、HbA1cはけっこう低めになるらしく、正確な数値を知るには血液検査が必要です。

私の血液検査でのHbA1cは5.6~6.0% なので、少し差がありそうです。

 

1回目.濃いブルーのラインが中央値です. 薄いブルーの帯が広い部分は日々の変動が大きい時間帯です.

 

2回目.全体的にかなり低く計測され、信憑性は低いと思います.1日の変動パターンは参考になります.

医師に見てもらう

糖尿病専門医に、ちらっと結果を見てもらいました。

外来受診の必要性があるかどうかを知りたかったからです。

その結果、「今のところ受診は必要ない」とのことでした。

血液検査の中で糖代謝に関連する項目として、空腹時血糖値とHbA1cがありますが、いずれも基準値内におさまっています。

FreeStyleリブレの結果は、日内変動のグラフが正常範囲内におさまっているので、特に問題なさそうでした。

 

あーーよかったーーー

とりあえずホッとしました。

 

とはいえ、空腹時血糖値とHbA1cの値では、1日の血糖値の変動は分かりません。

食事前後でどの程度の変動があるのか、血糖値が乱高下する「血糖値スパイク」が起こっているかは、FreeStyleリブレ のような機器で継続的に計測しないと分かりません。

これからも年に数回、FreeStyleリブレで計測したいと思います。

 

血糖値スパイクを予防する生活が大切

血糖値スパイクを予防するために、いろいろと本を読んだり、ネットで調べたりしています。

白い糖質の摂取量を減らす、野菜から食べる、ゆっくり食べる、食後に軽い運動をする、など、日頃気をつけたほうがよいことはたくさんあります。

私はパンで血糖値が爆上がりするようなので、パンを食べる機会は減らして、お米は玄米です。

ちなみに、糖尿病の予防や治療には食事と運動が大切ですが、私は食後の運動がどうしてもできないので、考えた結果、ステッパーに頼ることにしました。

ステッパー(Amazonホームページより)

 

間もなく届きますが、続くかどうかは???

またここに記録を残したいと思います。

できることを続けて、国民病と言われる糖尿病を予防したいと思います。

↓ いずれの本も kindle unlimited 会員の方は無料で読めます。(2021年7月18日現在)

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP