<40代からの歯列矯正>歯列矯正18か月目の定期健診に行ってきた

最終更新日

歯を磨いている女性のイラスト

こんにちは

歯列矯正の定期受診に行ってきました。

歯列矯正 今回の調整

平成29年6月に矯正装置をつけて、ついに1年半を超えました。長い間装置をつけてるな~としみじみ。

歯はおおむね一列に並んだので、最近は、歯と歯の隙間や噛み合わせを調整する段階です。

今回は、下の歯に新たにゴムを取り付けます。

下の歯列が全体にちょっと右に寄っているのです。真ん中が少し(3㎜くらい)右にずれています。

なので、左側の各歯どうしにゴムをかけ、少しずつ左方向に力をかけて、ずれを調整していきます。

噛み合わせは、輪ゴム(顎間ゴム:がっかんゴム)を1か月間毎日、ほぼ1日中つけていたので、少し上下の歯の隙間が小さくなりました。

顎間ゴムはインパクトがあります。私は、普通に大口開けて話したり笑ったりしているので、丸見えです。

皆さんの視線をひしひし感じますが、だいぶ慣れました。特に高齢の方は、じーっと見られますが、何も仰らない(笑) 気を遣っていただき申し訳ないです。

図155
顎間ゴムのイメージ.私の歯ではありません.

歯周病予防の大切さ

若い時は、「歯周病は中高年がなるもの」と思っていました。でも、年齢は関係ありません。歯みがきがきちんとできていなければ、誰でもなります。

歯列矯正の前から、歯周病がそこそこ進んでいて、歯ぐきが下がっていることを、先生から指摘されていました。歯列矯正で噛み合わせが変わったためか、無意識に噛みしめているためかよく分かりませんが、歯ぐきがさらに下がった箇所があります。

あまりに歯ぐきが下がると、知覚過敏になったり、歯がぐらついたりするそうです。注意が必要ですね。

 

日々の習慣で、何となく歯みがきをしている方は、きれいに磨けているか時々チェックが大切だと思います。

 

<40代からの歯列矯正>歯列矯正17か月目の定期健診に行ってきた

 

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP