<40代からの歯列矯正> 歯と健康を守るために、歯みがきはしっかりと

最終更新日

歯磨きをする男の子のイラスト

こんにちは

歯列矯正を終え、保定期間に入って早2か月。

先日、定期健診に行ってきました。

レントゲン検査、歯みがきのチェック・指導を受けました。

自分の大切な歯と健康は、自分が意識して守らないといけませんね。

歯みがきチェック・指導

歯科衛生士さんから、歯垢染色剤を使って歯みがきをチェックするとのこと。

適当に磨いてきたからヤバいな~と、鏡を見せらせると、あちこちが真っ赤。

私ではありません.イメージです.

意外だったのは、歯の表面にも汚れが残っていたこと。

歯の表面も凹凸があるので、細かくブラシを動かして磨かないと、凹の部分に汚れが残るのです。適当に磨くとダメですね。

鏡を見ながら、せっせと残った汚れを落としていきます。歯みがきは時間がかかりますね。

レントゲン撮影

歯列矯正後の歯槽骨などの状態を確認するために写真を撮ります。

歯列矯正前から歯周病があり、歯ぐきが結構下がっていたところに、歯列矯正の物理的な刺激も加わり、さらに下がってきています。

歯槽骨も部分的に下がっているとのことでした。

これは心して歯みがきをしなくてはいけません。

せっかく、苦労して歯列が整ったのに、歯そのものを失っては元も子もありません。

歯みがきに使う道具

1日3回、歯みがきに全力投球というわけにもいかないので、朝・夕はしっかり磨きます。

使う道具は次のとおり。

ふつうの歯ブラシ :全体をみがく

ポイント磨きブラシ(普通、電動の2種類):歯の表面の凹凸、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目をみがく

歯間ブラシ(歯の隙間のサイズに合わせて2種類):歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目をみがく

自分の歯と健康は自分で守る

定期的に歯科医に診て頂くのはもちろんですが、日々のお手入れは自分次第です。

今、特に歯に不具合がなくても、歯の健診は受けることをお勧めします。

虫歯も歯周病も、元通りになることは難しいので、予防が一番です。最初のうちは自覚症状もないので、歯科医にチェックしてもらうのがいいです。

歯周病はいろいろな病気に影響を及ぼすと言われていますので、これ以上悪くならないようにしたいです。

参考: 日本歯周病学会 日本臨床歯周病学会 テーマパーク8020(日本歯科医師会)

次の定期健診は3か月後。

歯科衛生士さん、先生にOKを出してもらえるように、頑張ります。

 

<40代からの歯列矯正> 歯列矯正中の歯みがき

 

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP