<40代からの歯列矯正> 矯正装置が外れたら、次のステップ「保定」開始

最終更新日

 

こんにちは

1週間前に上の矯正装置が外れました。

整列した歯を見て喜ぶのもつかの間、今日から次のステップ「保定(ほてい)」が始まりました。

 

歯列矯正完成まで長い道のり

乱杭歯の矯正のため、4本を抜歯し、矯正装置を約2年間装着し、きれいな歯並びが完成し、矯正装置を外しました。

めでたし めでたし~ とはなりません。

矯正後は、どうしても歯は元の位置に戻ろうとするのです。それを防ぐために、保定装置(リテーナー)というものを使用します。リテーナーは歯並びが正しい位置で安定するまで装着します。

その期間は、何と2~3年(私の場合)! 就寝時だけの装着ですが、長い・・

そのようなステップがあるのは、歯列矯正について調べるまで、全く知りませんでした。

 

私のリテーナー

歯型をとって作製されたマウスピースのようなものです。クリアタイプといわれるもので、硬いアクリル樹脂でできています。

第一印象は「入れ歯みたい」

歯列の形状をしていて、ブラシで磨き、ケースに入れて保管する、といったところが、入れ歯のイメージです。

 

初めて装着

「きつい、痛い」

歯列全体が、カチッとしまる感じです。装置を装着している時と同じ感じ。

痛いのは、1週間で少し歯が動いたということだそうです。(1週間前に歯型をとったので)そんなにすぐに歯が動き始めるとは驚きです。

これは、しっかり続けなければいけません。せっかくの努力をムダにするわけにはいきません。

 

歯を大切にする

元々歯並びのよい方も多いと思います。本当に素晴らしいことです。

多くの時間と費用をかけて、やっと実現した私にとって、それが「無料」だなんて、うらやましいとしか言えません(笑)。

人生100年時代、自分の歯を大切にしていきたいですね。

「保定」は長く続きますが、頑張ります。

 

<40代からの歯列矯正>ついにこの日が! 矯正装置(上)が取れた! :歯列矯正22か月目の定期健診

 

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP