糖尿病予防のサービス[とうサポ]1日目 問診と準備 

最終更新日

こんにちは

「とうサポ」は、24時間の血糖データや食事記録をもとに、食習慣をオンラインコーチングしてくれる14日間のプログラムです。

1日目がスタートしました。

血糖値改善プログラム「とうサポ」

「とうサポ」については、下記をご覧下さい。

【糖尿病予防】FreeStyleリブレとアプリを使ったサービス[とうサポ]に申し込んでみた

プログラムの流れは下記の通りです。

申し込む → 機器が郵送される → 電話での確認、センサー装着・アプリ登録 → 測定開始 → レポート提供、食事や栄養に関する相談 → 食事や運動習慣の変更、記録の継続 → レポート提供

今回は、電話での確認、センサー・アプリ登録について、ご紹介します。

 

電話での確認

予約日に、銀座有楽町内科から電話がありました。

治療中の疾患がないか、薬物や食物のアレルギーがないか、などを尋ねられました。

私は特にないので、プログラムを開始することができることになりました。

ちなみに、「とうサポ」は血糖値改善プログラムですが、健常者を対象としたサービスで、通院中の方は参加できません。

 

開始日に行うこと

3つを準備します。

センサーをつける

センサー専用のアプリのダウンロード

シンクヘルスのダウンロード

サービス全体の流れは、ビデオレクチャーがあり、1つ1つ分かりやすく説明されていますので、安心です。

 

FreeStyleリブレ センサーをつける

FreeStyleリブレのセンサーを腕に取りつけます。

私は4回目なので手順は知っていましたが、初めての方でも、ビデオレクチャーを見ながら行えば簡単です。

FreeStyleリブレを使った体験は、「糖尿病予防のカテゴリー」にまとめていますので、よろしければご覧ください。

センサー専用のアプリのダウンロード

FreeStyleリブレのデータを計測、管理するためのアプリをダウンロード、登録します。

これもビデオレクチャーを見ながら、簡単にできます。

 

シンクヘルスのダウンロード

シンクヘルス は、糖尿病などの慢性疾患と少しでもうまく、楽しく付き合えるようになり、健康意識が自然に高まっていくアプリです。

具体的には、血糖値や血圧、体重、日常生活(食事、運動、薬、気分)などのデータ入力、メモや画像の添付ができます。また、血糖値、血圧、体重の履歴や動向が簡単に確認できます。

 

さあ、始めよう

準備はできました。

センサー装着中(14日間)は、毎日、食事の前後にセンサーで血糖値(グルコース値)を計測します。シンクヘルスに、食事や運動などの生活習慣を記録します。

ワクワク・ドキドキしながら、しっかり取り組んでいきたいと思います!

 

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP