献血の検査結果は、糖尿病予備軍の発見にも役立つ

最終更新日

 

こんにちは

FreeStyleリブレ で血糖値を測定している期間中に、献血に行ってきました。

糖尿病の検査項目の グルコアルブミン は、ここのところ要注意が続いています。

今回は、日々食生活に気をつけて、リブレで血糖値の測定もしているので、改善しているはず・・・

糖尿病の検査 グルコアルブミン

グルコアルブミンは糖尿病の検査の1つで、過去2週間の血糖値の傾向を示します。

基準値は 16.5%未満 で、「基準値範囲内でも、15.6%以上の場合は注意が必要です」とされています。

今回は 15.5%

少し改善しています。やったーーー

徐々に下がっていますが、基準値ギリギリです。

ちなみに、一緒に献血に行った家族は、毎回11%台です。

私の方が食生活に気をつけているのに、なんだか納得いきません・・

 

糖尿病予備軍の発見に役に立つ

会社などに勤務されている方は、毎年、健康診断を受けると思います。私も毎年受けています。

検査結果のうち、糖尿病に関する項目には、

空腹時血糖値、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)、グルコアルブミン などがあります。

私が受ける健康診断の項目には、グルコアルブミンは入っていません。

 

各検査が示す意味は、次のとおりです。

空腹時血糖値

血液中のブドウ糖濃度のことです。健康な人の早朝の空腹時血糖値は100mg/dL以下で、食後でも140mg/dLを超えることはあまりありません。

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)

赤血球の中にあるヘモグロビン(血色素)のうち、ブドウ糖と結合している特殊なヘモグロビンの割合を表した指標です。過去1〜2カ月間の血糖コントロールとよく関係し、HbA1cが高ければ、その時点の血糖値が正常だとしても、1〜2カ月間は血糖値が高い状態が続いていたことになります。健康な人のHbA1cは4.6〜6.2%です。

グルコアルブミン 

血液中のすべてのアルブミンのうちグリコアルブミンがどのくらいの割合を占めているかを表した指標です。結果が高ければ高いほど、血糖値がより高い状態が続いていたために、アルブミンと血糖が結合する頻度が増えたのか、血糖値の高い時間が長かったのだと判断できます。健康な人の基準値は11〜16%です。

食後高血糖には注意が必要

私は自分では、糖尿病予備軍か要注意軍だと思っています。

空腹時血糖値(100㎎/dL以下) → 正常(86~94㎎/dL)

HbA1c(4.6~6.2%) → 正常~やや高め(5.6~6.0%)

グルコアルブミン(11~16%) → 正常~高め(15.5~16.4%)

 

FreeStyleリブレ で継続的に血糖値を測定すると、食後の高血糖が時々あるのです。

14日間の測定の記録を、ブログに書いていますので、よろしければご覧下さい。

昼食後の210は高すぎ! かつ丼(小盛)を食べました・・

 

血糖値スパイク や 糖質制限 など、糖尿病に関連する話題も、近年はよく聞くようになりました。

糖尿病の方と予備軍は合わせて、約2000万人いるともいわれています。

献血や健康診断で、時々チェックするのが大切だと思います。

 

糖尿病予備軍? 献血の検査結果は役に立つ

血糖値の変動がわかる < FreeStyleリブレ > で測定を始めます

【FreeStyleリブレ 12日目】かつ丼で血糖値が急上昇!

じゅん

作業療法士をしています。 読書と山歩き、音楽が好きです。 詳しいプロフィールはこちら。

PAGE TOP